改善症例

緑内障に対する自己治療の改善例です 浜松市

2021年11月18日

今回は私が自分の緑内障を自己治療し、点眼薬(ステロイド)を辞め、

症状も改善した例を報告します。

2013年頃から疲れると左眼が霞むという症状が出始めました。

血液循環療法でセルフケアをするとその時は良くなるのですが、疲れるとまた眼が霞んできます。

その内、眼の奥に痛みを感じるようになって来てしまいました。

私は16歳の時に左眼の白内障の手術をしているのですが、その時も最初は眼が霞んできました。

ですが、その時は手術をして人工のレンズを入れたのでまた白内障になることはないはずなのです。

それなのに霞むので、これはおかしいな、と思っていました。

(白内障はレンズの役目をする水晶体が濁ることで発症します。これも、眼の循環障害が原因ですね)

眼科医の視点も取り入れる

2016年頃から、だんだん痛みが強くなってきて眼の霞が戻りにくくなってきたので、不安になって来ました。

O眼科に行き、自分の状態を知ることと、取り敢えず点眼薬で応急的な処置をすることにしました。

2017年5月、客観的に知りたいと思ってO眼科と別に、自然療法を取り入れているY眼科の先生の診察も受けました。

O眼科の先生は、

・左眼は緑内障で眼圧は40。早く手術をした方が良い、

・右眼の白内障(16歳の時から進行して徐々に悪化)はまだそのままで良いのでは、

という意見でした。

Y眼科の先生は、

・左眼の緑内障は「虹彩炎」と診断され、説明を受けました。

・右眼も白内障が進んでいるので放っておくと緑内障になるかも、

と言われ、漢方を処方をされました。

自分で治すと決める

お二人のお医者さんに診ていただいたのですが、意見が全く違います。

お医者さんも人間ですから、自分の経験など主観が入るのは当然のことだと思います。

結局は自分で判断して決めるしかないと思いました。

そこで私は、

・左眼の緑内障は自分で治す。

・右眼の白内障は手術をする。

ことにしたのです。

右眼の白内障は手術で無事見えるようになりました。

後で主治医の先生から聞くと、水晶体が完全に溶けていた、ということでした。

(これはステロイドを使っていたからなのか?クスリを使い続ける事は良くないのです)

結果的に、やはり右眼の白内障の手術はして正解でした。

次は左眼の緑内障の自己治療です。

虹彩炎について調べ、眼の構造を学び直して行ったのです。

長くなるので、この続きはまた載せることにします。

宜しくお願いします。

 次の記事 緑内障も眼の筋肉の硬化が原因だった 浜松市

・・・・・・・・・・

【元・旅する治療師のお話&施術体験会

・どこへ行っても良くならないとお困りの方

・病院の治療に疑問をお持ちの方

・お話を聴いてみたい方

・施術に興味がある方

是非ご参加ください!

11月のお話・体験会の様子はこちら

●1月29日(土)13時半~16時半

●浜北文化センター第二和室

●3名限定

●参加費500円

(参加は何度でも可能です。施術体験は一度までとさせていただきます)

お申し込みは↓↓↓↓

topに戻る