改善症例

乳がんの痛みと腫瘍マーカー値が改善しています 浜松市

2021年11月14日

今回は【乳がん】の方(Sさん 女性51歳)の改善報告をさせていただきます。

これは以前載せた【胸水】が減った方の事ですが、色々と変化があるので改めて掲載します。

胸水(肺に溜まった水)が減っています 

出血が止まり、患部の痛みが消えた

Sさんは2020年10月7日に始めて来られました。

平成27年頃から左胸の痛みが出始め。

平成30年に乳がんと診断されました。

令和2年5月頃から痛みが酷くなり、呼吸が苦しくなる。

6月に胸水と診断される。

三大療法は受けていません。

初診時の状態ですが、

●左胸全体に炎症があり、出血もありました。

●左脇のリンパ節が腫れてもいました。

(更に胸水、背中の痛み)

●痛みが酷いので痛み止めのクスリを飲まれていました。

まず、カウンセリングに3時間ほどかけて、心も観るようにしました。

身体の方の施術は患部を直接触れるので、患部を本当に軽くから施術をしていきました。

すると、初回の治療で身体の変化を感じられたようで、

その後も治療を継続されることになったのです。

最初の数回は出血があったのですが、その後は出血が止まりました。

痛みも楽になって行ったので、2か月ほどでクスリは辞められました。

炎症反応・腫瘍マーカーが改善中

治療と並行して血液検査を受けに行っておられましたが、

11/13、12/25と治療が進む毎に血液検査の数値も改善して行きました。

体調も少しずつ良くなって行かれました。

血液検査の変化

腫瘍マーカーである

●CEAが、

  治療前(10/2) 9.0高い

  治療中(11/13) 6.3高い

     (12/25) 4.9正常値内

CA15-3が、

  66.2高い

  54.5高い

  34.1高い

これも、その後の検査で正常値になっています(また掲載します)。

●炎症反応であるCRPが、

  0.14

  0.03

  0.03

と、いずれも数値が下がってきています。

患部の施術と腹部の施術が特徴

私は【血液循環療法】をベースに治療をしていますが、

特徴は、

患部を直接触ること。

それと、

腹部(内臓)を触ること。

をしています。

この件の場合も、それらが改善の要因の一つだと思います。

                    お腹 の治療の紹介動画

ガンは全身の慢性炎症

【腸管造血】(血液は腸で造られている ➡千島学説)を発見した千島喜久雄先生は、

ガンは【全身の慢性炎症】と言われていました。

炎症は本来【治癒反応】ですし解決すれば炎症は収まるのですが、

何らかの原因で免疫力が下がり、

ウイルスや菌が入ってきた時にやっつけられなかったり、

血液の流れが悪いままでていると、

(良くするための)炎症がずっと続くことになり(慢性炎症)、

結果として自分の身体をさえも傷つけることになってしまうのだと考えています。

千島喜久雄先生の話から言うと、結局はガンでさえ、免疫力を上げることが

必要と言うことになりますね。

改善している理由は

この方の変化の理由は、

私視点ですが、

・良いと思う方法を求めてきたこと

・心の変化(素直さ。前向きになって来た)

・食べ物も程よく気を付けている

・電磁波対策

などが挙げられます。

私もお話を聴かせていただいて、病気の原因は食べ物だけではなく、

心も影響しているなと感じたので、

話し合って、厳しい食事療法は無理にしないという判断をしました。

今後の見通し

その後も山あり谷ありしながら、1年経った現在も治療に通われていますが、

体調は良く、ほぼ問題なく生活されています。

元々が酷かっただけに時間とお金はかかりますが、命優先の選択をして行けば、

より良くなって行くと思われます。

ガンは全身病と言われるよう、身体全体の筋肉が硬化していたので、

●全身を緩めて行くこと

●心のケア

を継続して行くことになります。

選択肢を増やしたい

まだまだガンになったら三大療法、というケースが多いと思います。

ですが、現代医学で無理だとしても、他の治療で良くなる可能性もあるので

はないでしょうか?

色んな治療が横並びにあり、患者さんに選ぶ選択肢を与えられることが

大切だと感じています。

その為にも、症例をコツコツ載せて行きたいと思います。

宜しくお願いします。

topに戻る