改善症例

99%手術と言われていた副鼻腔炎(蓄膿症)も良くなりました 東京都小平市

2021年10月17日

99%手術と言われていた副鼻腔炎が治癒した

2013年、東京に出張で呼んでいただいていた時の患者さんのお一人での症例です。

病院では「手術しかない」と言われていましたが、

手術は痛いらしくて受けたくない。

「それ以外の方法でなんとかしたい!」と思われていたところ、

紹介で受けに来られたのです。

M.Hさん(当時31歳)女性 初診日 2013年(H25)年3月26日

◉主訴 

副鼻腔炎(3年前から)で頭痛がある。

生理痛が酷い(12年前から)

冷え症

抗生物質の処方

治療経過~症状の出てるところに詰まりがあった

➡1回目 

 副鼻腔炎と言われたので、頬の周辺を触診しました。

すると、左右両方の副鼻腔の上顎洞(じょうがくどう)と言われる辺りが

硬くなっていて痛みを訴えられたのです。

多分、膿が溜まっているのだろうと考えました。

軽く触っても痛がるので、そこを優しく緩めて行きました。

また、首肩も硬くなっていたので、施術して行きました。

更に、お腹を触ると、胃の辺り、へそ下(大動脈)、大腸(上行結腸、S状結腸)、

下腹部(子宮)辺りが硬くなっていましたので、それらを中心に施術して行きました。

アドバイスについて

●白砂糖を控える。

冷え症の改善として、甘いモノは身体を冷やすので、白砂糖は控えていただくことに

しました。

(白砂糖はグローミューを溶かすと、故・甲田光雄は言われていました)

●朝食抜きの1日2食

食べ過ぎは血液を汚し免疫力を下げるので、腹8分を心がけていただくことにしました。

施術ごとに少しずつ改善して行く

➡2回目

 両方の鼻の通りが良くなる。

➡3回目

 左の鼻の通りが少し良くなる。

➡4回目

 右の鼻の通りも少し良くなる。

➡5回目

 鼻が両方とも通るようになり、触った時の痛みも軽減してきました。

➡8回目

 呼吸が苦しいと言われていたので、左の首・肩・胸の治療をすると、

呼吸が楽になりました。

また、両方の鼻の通りも更に良くなっているようでした。

 ※その後の検査で膿が1/3くらいに減少していました。

➡12回目(10月22日)

 鼻を触っても痛みが無くなりました。

レントゲンで膿が消えた

その後、レントゲンで膿が消えていることが確認され手術は無事回避でき、

とても喜ばれていました。

 

治療はこれで終了することにしました。

更に身体のだるさも改善されてのですが、

身体が軽くなって初めて、自分の身体はずっと健康ではなかったんだと気づかれていました。

これも治療の副産物ですね。

部分と全体の治療をすることが大切ですね。

原因は?~血液の汚れ生活習慣

私の見立てですが、

甘いもの好きや食べ過ぎなどで血液が汚れていて、体温も低く。

免疫力が低くて菌をやっつける力がなく、

炎症状態がずっと続いていたのだと思います。

頭に出る症状は、大抵、首や肩の筋肉が硬く、頭に行く血流が悪くなっているので、

それも関係していたと思います。

お腹も全体的に硬かったのですが、病気の人はこういう事が殆どです。

内臓は免疫力の要でもあるので、お腹の施術もとても有効だったと思います。

生活習慣の改善(本人の努力)と施術(人の力を借りること)の組み合わせで、

良くなる可能性があるということですね。

患者さんからのメッセージ

・・・早稲田先生、こんばんは!

ご無沙汰しております。

メッセージありがとうございました!

体調は…風邪をひいてしまったようで喉が少し痛いですが、赤ちゃんは順調です(^^)

明日、妊婦健診があって、また成長の様子を見られるので楽しみです(^^)

私の症状についてですが、最初は両方の鼻が詰まって匂いもわからない、口呼吸ばかりする、

頭がボーッとする…これが日常でした。

先生に治療して頂くようになって、右鼻から改善していったと思うのですが、

呼吸ができるようになり、何か解放されたような、スッキリした!というのがハッキリわかりました。

治療当日より翌日の方が更にスッキリ!でした(^^)

左鼻はなかなか治りづらかったですが、根気強く治療して頂いたので今もちゃんと両方の鼻で

呼吸ができるし、鼻腔の奥に感じていた不快感もほぼなくなりました!

絶対治らないと思い込んでいた意識までも変えてしまう先生との対話も、

大切なお薬だったんだなぁ…と、とにかく全てのことに感謝しています。

本当にありがとうございました(*^^*)

ブログに載せて頂けるとのこと、私も嬉しいです(*^^*)

寒い日々が続きますので、先生もお体に気をつけて頑張ってくださいo(^_^)o

                                  当時の アメブロより

topに戻る