改善症例

心の気づきが大切ですね 浜松市

2022年05月30日

今回は、乳がんを患っていたSさんの心の変化について書いて行きます。

以前の記事

 肝機能が改善しています

 乳がんの痛みと腫瘍マーカー値が改善しています

 胸水(肺に溜まった水)が減っています

 苦しかった呼吸がしやすくなりました

病気が良くなるためには、食べ物など生活習慣だけでなく心の変化(気づき)が

とても大切だと感じています。

特に難病と言われるものほど、心の影響は大きいのではないかと思われます。

心の癖が病気をつくっているって、あると思うんです。

心の変化

この1年半のSさんの変化ですが、

●気持ちが楽になった

●今を楽しめるようになった

ということです。

以前より感情を出せるようになって来ていますし、

やりたいことを行動に移すことが出来ています。

以前は、

あれこれゴチャゴチャと考えていた、ということです。

起きてもいない未来のことを

「こうなったらどうしよう」

「出来なかったらどうしよう」

などと考えてしまって行動できない。

また常に不安が強くあったと言われています。

また聞いてる感じでは、過去に対しての囚われも強かったと思います。

もう一つは、

良い人に思われたい意識が強かったようです。

自分が純粋な気持ちで相手を喜ばしたいのではなく、こうしておけば良いだろうという

ちょっと打算的な感じだったようです。

例えば、その場が無難に行くように。

逆を言えば、自分の心を後回しにして自分の思い込みで周りの意に沿う

(相手の考えに従って行動する)ことを選んでいたようです。

相手にとって都合のよい人間をしてしまっていた、と今は気づかれています。

これには社会に出た時や結婚してからの人間関係が影響していたようでした。

色々言われたことで自分を変えようとしたのですが、表面的な手法に囚われて

心を置き去りにしてきてしまったようですね。

要するに、  

●今を生きれていない

●心を犠牲にする

生き方をして来たように思われます。

自分の癖に気づいて行くこと

それが、そういう自分に気づいて行くことで上記のように変化したと言うことです。

病気を良くする為だけではなく、自分の心の癖に気づいて修正して行くって、

とても大切なことだと思います。

結局、どれだけ外側(他人)から色んなことをしても、内側(本人自身)が変わっていなければ

元に戻ってしまいますよね。

気づいて行くことって大切ですね。

私自身もそうなのですが、今までの心の癖って直ぐに気づけるわけでもないし、

気づいても直ぐに変わるわけでは無いですよね。

だから、無理せずに時間をかけて徐々に変化出来たら良いのだと思います。

多様な関係性が大切?

この変化は私の治療だけではなく、色んな人と関わって行く中で生まれた変化だと

思いますから、やはり多様な関係性って大切ですね。

色んな人と関わる中で、凝り固まっていた心が緩んで行くと思うんですね。

先生と患者さんの1対1の関係性だけの治療って限界があるのではないでしょうか。

チームで観れるような治療を思い描いています。

(仲間募集中です!)

人と人の繋がりはとても大切だと感じていますが、

一人ひとりが精神的に自立することで、依存ではなく協力できる関係性が

築けるのではないかと思います。

 

7月9日(土)お話会と施術体験を開催します!

「これからの医療について考えてみませんか?」

というテーマでみんなで話し合えたらと思います。

●13時半~16時半

●浜北文化センター第一和室

●13時半〜16時半

●定員5名(うち、体験施術希望者 3名まで先着順)

●参加費    

 お話会 無料

 体験施術希望 500円(20分)      

●持ち物 特にありません。施術希望者はなるべく薄手の服装になれるようにしてください。

※お申し込み時に、 

・お名前 

・連絡先 

・「相談と体験施術希望」の有無を教えて下さい。

※お話会の参加は何度でも可能です。 

それでは、お会いできるのを楽しみにしています!

詳しくはこちらから

topに戻る