改善症例

不妊治療で妊娠・出産されました① 沼津市

2021年11月07日

今回は、不妊治療で20年の酷い生理痛が改善した女性(Iさん・当時40歳)の

続きを報告します。

以前の記事はこちらです↓↓↓↓

➡20年来の酷い生理痛が改善しました 沼津市

腹部・骨盤内の筋肉と血管の硬化を緩めて行く

●4回目(1月22日)

治療の前に生理が来たようですが、この時も痛みは無かったようです。

恥骨の奥(子宮)の方を押圧しましたが、痛みはかなり軽減しました。

骨盤の内側を通っている筋肉(腸骨筋・大腰筋)が硬くなっているので緩めて行きました。

●5回目(2月7日)

骨盤内の治療と同時に腹部の動脈・静脈(腹大動脈・下大静脈)も

硬くなっていたので治療して緩めて行きました。

●7回目(2月27日)

今回の生理も痛みが無かったようです。

痛みから気持ち良さに変わって行く

●8回目(3月8日)

この頃から骨盤内(子宮)を深く押圧した時にも、痛みではなく気持ち良さを

感じられるようになって来ました。

状態が悪い時は軽く触っても痛みを感じるのです。

良くなって行くと、痛みも楽になってくるのです。

●13回目(6月10日)

治療の後、検査で妊娠の反応がありました。

この時は妊娠しませんでした。

ですが、反応があったことに希望を持たれました。

●17回目(11月4日)

2019年最後の治療の後、年末に電話があり、「妊娠しました」!と

喜びの報告がありました。


年明けからは、つわりの時に胃が苦しくなるので胃を中心に全身の治療。

●20回目(2020.3/7)の治療で終了。

その後8月に、「無事、出産しました!」と連絡いただきました.

母子ともに順調です、と言うことでした。

その後も連絡があったのですが、病院の先生と看護師さんから

「骨盤の戻りが早い!」

とビックリされたということです。

皆がこのように行くとは限りませんが、長年辛かった生理痛が改善し、

自力で妊娠・出産できる可能性もあると言うことですね。

1年4か月の間、諦めずに遠くからでも通われたという強い意志が

結果に繋がったと思います。

治療の詳しい説明は次回(不妊症治療で妊娠・出産されました② 沼津市)

に載せます。

宜しくお願いします。

topに戻る