改善症例

20年来の酷い生理痛が骨盤内の治療で改善しました 沼津市

2021年09月18日

今回は、不妊症で通って来られた方の生理痛が改善した症例を報告します。

20分の体験治療で変化を感じる

Iさんは結婚8年目。

なかなか妊娠出来ず、一人目は体外受精で

ようやく妊娠し、出産。

今度こそは自分の力で産みたいと思われていたのです。

沼津市のイベントで体験治療をしていた時に来られました。

「私、不妊症なんです・・・」

と正直に話して下さり、

「こんな辛い事を言えるなんて、この人は本気だ。

何とか良くなってもらいたい」

と強く思ったものです。

イベントでの20分体験施術だったのですが、

その時に子宮が温かくなった体験をされ、

本格的に治療を開始することになりました。

・・・・・・・・

 初診日H30年12月21日

●原因不明不妊症と診断。

●主訴

若い時から貧血気味。

酷い生理痛(10代から)

腰痛、肩こり

冷え症

下腹部が硬くなり冷えていた

●初回(2018.12/21)

全身を触ると、お腹の下腹部(子宮部)が硬く冷えていました。

大動脈も硬い。

腰周りや肩の筋肉も硬く、全体的に筋肉は硬めという印象でした。

(元々運動はあまりやって来なかったようです)

治療は下腹部とお腹全体を中心に始めました。

恥骨の裏側に指を入れて行くのですが、軽く触れても痛みがありました。

時間をかけて表面からユックリ緩めて行きました。

食事はある程度気をつけていたようですが 、夫婦の問題なので、

ご主人さんにもより協力してもらうように、と伝えました。

同時に、心も不安定なところがあったので、話をよく聞き、

私自身の体験をお伝えしました。

下腹部を緩めて行くと、生理痛が軽くなった

●2回目

下腹部を中心に全体の治療をしました。

前回よりは少しですが、指で押した時の痛みが楽になったようでした。

治療の後、数日して生理が来たようですが、

「痛みが出なかったです!」

と驚きの報告をいただきました。

20年に亘って苦しんで来た痛みですからとても喜ばれ、

不妊症改善により希望を持たれることになったのです。

●3回目(2019.1/11)

この時も下腹部に時間をかけて治療しました。

前回より深めに指を入れることが出来るようになりました。

痛みも少しずつ楽になっているようでした。

同時に、恥骨の奥(子宮部)にあるシコリ(硬結)に触れるようになってきました。

一般常識に惑わされない

このように、一般的には良くならないのでは?と思われる症状でも、

良くなる可能性はあるということですね。

一番難しい病気は良くならないと思い込んでしまう事、のように思います。

そうではない世界もある、と知っていただければと思います。

Iさんは、その後も治療を継続され、見事に妊娠されるのです。

・・・・・・・・・・

長くなりましたので、今回はこの辺で。

続きは後日【不妊症治療で妊娠・出産されました】で載せます。

宜しくお願いします。

topに戻る